注文住宅は時間や手間暇が掛かるが出来上がった家は格別

サイトマップ

観葉植物がある部屋

注文住宅を建てるには注文者の勉強が必要

寝室

建売を買うのは出来ている商品を買うのと一緒で、買ったものをどう使うのかを考えるだけですが、注文住宅の場合は土地選びから先を見据えて用意しなければいけない事が山程あります。
家族ともコミニュケーションをとり、どんな暮らし方をしたいのか、各部屋での過ごし方やどんなイメージのインテリアにしたいのかシュミレーションやイメージをしっかり考えて、それを伝えていかなければなりません。自分なりのこだわりあるイメージが実現できる素晴らしさが注文住宅です。
ただし構造状、窓のつけられない位置もあります。構造まで勉強することは大変なので、請負会社の方とよく相談してください。そして、自分の好みやイメージを伝えながら専門家の意見をよく聞いて判断していきましょう。
自分の考えが専門家にとっては無駄ではないかと意見されることもあるかもしれません。
そして現場にも何度も行きましょう。今までは平面の上でしか考えていなかったことが立体的になると広さや、壁に対しての窓の大きさ等がわかってきて、この空間にはこれぐらいの大きさの家具がバランスがいいなとか色々な事に気が付きます。
一回目に建てた家では満足できないとも言われますが本当ですね。何でも2回目、3回目の方が前回の失敗はせず、さらに良くなるアイデアがうかびますよね。
勉強というと堅苦しい感じですが、本や雑誌を眺めていると、この感じはいいなと思うものが出てきますよ。

Copyright © 2016 注文住宅は時間や手間暇が掛かるが出来上がった家は格別 All Rights Reserved.